色々な用途で消費者金融を有効活用する

お金というものは人生を生きるうえでとても大切なものです。
お金があると心に余裕ができて、いざという場面で困らずに済みます。
消費者金融を有効活用することによって、突然のトラブルや出費に対応することができます。

例えば友人の結婚式や親族の葬式など、不測の事態にいつでも対応できるようにあらかじめ消費者金融と契約しておくと便利です。
最近では、消費者金融を有効活用して人生を楽しみながら暮らしている人たちもたくさんいます。
オンラインで必要書類を送付して審査を受けられる金融機関も増え始めているため、審査を受けやすいことが消費者金融を利用するメリットの一つです。

月々の借り入れも計画性をもって利用すれば、無理なく継続的な返済が可能なので、社会人になったら消費者金融に申し込むのが得策です。
審査基準も標準的な社会人ならば、簡単に合格することができます。
一人前の社会人としての箔もつくので、契約しておいて損はないでしょう。

一般的には消費者金融は銀行と比べると利便性が高いことがメリットです。
キャッシングやカードローンを利用する時には金利に最も注目しなければならないことは鉄則ですが、銀行の審査が消費者金融の審査よりも厳しいことから銀行から借入をすることができない時に消費者金融の出番がやってきます。

ただし、消費者金融の審査が銀行よりも通りやすいとは言っても、消費者金融の審査基準を満たさないと審査に通ることはできません。
借入希望者の信用情報が棄損があったりすれば、銀行であっても消費者金融であっても審査に通らないことは同じことです。
しっかりとしたクレジットヒストリーがあれば銀行であっても消費者金融であっても大抵の審査は通るはずです。

ただし、金利が安い銀行でも審査時間が長いことは、急にお金が必要になった借入希望者にとっては大きなデメリットですので、早くお金を借りたいと考える場合には消費者金融を先に検討すべきかもしれません。

私は以前にお金が無くて生活が出来ないと思い、消費者金融を利用したことがあります。
働いていたのですが、その月は車が壊れたり色々と出費が多くて食費などが全く無いと言う状況になりました。

私は親や友人に借りるのが恥ずかしかったので、誰にもバレない消費者金融でお金を借りました。
昔からクレカを持っていたので借入をすることは可能でした。
ですが今まで一度も利用したことがなかったので不安でしたが、コンビニのATMですぐに借りることが出来ました。

その時借りた金額は少しの期間過ごせる2万円にしました。
分割だと毎月利子がつくので一括払いにしました。
そのおかげで給料日まで無事に過ごせました。
返済の方法はクレカの搭載されている口座にお金を入れておけば引き落としされるので期日までに入れておけば大丈夫でした。

それ以来、私は少し生活が厳しいかなと思った時に利用しています。
お金が無いだけで精神的に不安になったり毎日お金が無いと考えたりして仕事などにも支障がでるので少しでも気持ちに余裕を持てるようにと利用しています。

消費者金融で借入が可能な金額

消費者金融の中でも借りやすい会社がいくつかあります。
審査が通りやすいという消費者金融はネットでも話題になる事がありますが、この場合、大手の消費者金融などを利用する人が多いことが影響しています。

つまり、審査基準はほとんどの消費者金融で同じであり、年収の金額から3分の1を上限としている企業がほとんどとなるのです。
これは法律で決められている数字なので、これに準じた貸し付けを行う事になります。

しかし、多くの場合より多くの人が知っている広告を良く出す消費者金融に人気が集まる傾向にある事から、収入が少なくても借入が可能であった消費者金融としてネットでも情報が増える傾向があります。
実際のところは同様な審査基準の会社は他にもいくらでもあるので、そのあたりの情報を鵜呑みにせず、どのような基準で審査をしているのかある程度調べていけば確認できる部分となります。

このように、お金を借りる際にはいろいろな情報をチェックしていけば、より良い方法が見つかるかもしれないのです。

銀行と比べるとサービスがいいのが消費者金融

キャッシングやカードローンを利用するときに、どのような人でもまずは銀行を利用できないかと考えます。
銀行は消費者金融と比べると圧倒的にイメージがいいですし、実際に金利面では消費者金融よりもかなり有利であることが多いです。

しかし、冷静に銀行と消費者金融の条件を比べてみると、金利面では銀行のほうが有利なことは動きませんが、その他の条件はあまり変わらないことも多いです。
利便性やサービスの面から銀行と消費者金融を比べてみるとどちらかと言うと消費者金融の方に軍配が上がることも少なくありません。

しかし、いくら消費者金融の利便性やサービスが良いと言ってもお金を借りる上でもっとも重要な要素は金利ということは動きませんし、やはり金利の低い銀行を優先すべきでしょう。
銀行でも条件はいろいろありますから、条件が良くない銀行しか融資してくれそうになければ、その時には消費金融の利便性やサービスを優先してもいいのかもしれません。

消費者金融を利用しようと考える時

毎月のお金のやりくりに困った場合には、知り合いにお金を借りることも考慮に入れるべきです。
他の方法がないときにはとりあえず借りる事が出来る人から借りておき、現在のピンチを切り抜けてから後でやるべき事を考えていけば良いのです。

ですが、一人暮らしをしていて長らく地元の友人たちとも交流がなかった場合、急にお金を借りるために連絡を入れると拒否されてしまう可能性も高くなってしまいます。
そんな時には、消費者金融を利用する方法となります。

借りる時には、どこでも良いわけではなく、出来るだけ金利の低い企業を選ぶべきです。
その点から考えていくとネットで大手の金融関連の業者の情報をチェックして申し込む事が有効な対策となるはずです。

ただ、金利の低い業者の場合には銀行と提携している消費者金融である場合が多く、その場合は審査がより厳しくなってしまう可能性があります。
そのあたりを考慮して消費者金融をどこにするのか、いろいろな条件で絞り込んでいく事が大事です。

母親のリアル詐欺体験

私の家庭は私が小学校の頃から母子家庭で、経済的にあまり裕福ではありませんでした。
父からの仕送りは無く、教育費、生活費等全て母が一人で賄ってくれていました。
そんな母の唯一の楽しみが漫画を読むことなんです。
しかし、それが原因でまさか詐欺に遭うなんて思ってもいませんでした。

発端はコンビニで売っている、よくある主婦の方達が読む厚めの漫画です。
皆さんご存知ではないかもしれませんが、そういう漫画にはよく「お金貸します」という広告が、裏表紙や途中の広告ページに載っていたりするんです。
丁度我が家は、家のローンと祖母と母二人でやっている会社の赤字続きで困窮していました。
母は思い詰めていたのか、その広告にある会社に、誰にも言わず1人で問い合わせてしまったんです。

後から聞いた話になりますが、まず大きな駅に呼び出され、そこで電話をするように言われたそうです。
言われるがまま電話をかけ、今度はお金を今いくら持っているか聞かれてお金は無いと応えました。
すると、今頭金を○○万円用意出来れば貸し付けが出来るとのこと…流石にそれはおかしいと母は思いとどまり、近所の交番に相談に行きました。

そこで詐欺の手口であることを知らされ、その件で母は憔悴しきってしまいました。
コンビニに売っている漫画にまさかそんな会社が載っているなんて私は言葉もありませんでした。
どうか皆様にも消費者金融選びには十分気をつけて頂きたく、お役に立てれば幸いです。

社名のない電話を不審に思い…

以前働いていた職場の人が、消費者金融からお金をだいぶ借りていたようです。
部署にかかってくる外線はほぼ私が受けていたのですが、普通の人は「□会社の○と申します」と社名を名乗ります。

ですが、消費者金融からの電話は「○と申します」と個人名でかかってきます。
本人が在席していない時は電話番号を伝えてきます。
同じ電話番号で次々と違う名前を名乗る個人からかかってくるので不思議に思い、何となくググってみると消費者金融だと判明したわけです。
番号のバリエーションは私が知る限りは3つありました。

今考えると、いわゆる多重債務だったのでしょう。
消費者金融からだと知ってからは、電話を取って個人名を名乗られると怖くなりましたが、ただの電話番に怖いことを言うわけでもなく、社名を言わない以外はごく普通でした。
そして気になるその本人ですが、取りついだ時は社内PHSに電話を回し、席を立ってなにやら話していました。ひどい時は日に何度もかかってくるのでかなり仕事に邪魔だったと思います。

私の方がその人より先に退職してしまいましたが、後日聞いた話によると、その人もとうとう会社を辞めざるをえなくなり、退職金をもらった日には、ポケットに現金を入れ、ほうぼうの部署の人に返済して回ってから退職したということです。

職場の人にも借金がかなりあったようです。
電話が再三あった複数の消費者金融には無事返せたのか、消費者金融の明るいCMを見かけると、たまにその人のことを思い出します。